THE CHEF

Atsushi Nakahigashi is the founder of the innovative food and beverage company NAKAHIGASHI in Kyoto, Japan, and OneRiceOneSoup, INC. in NYC and Kyoto, Japan. An accomplished chef, Atsushi was born into a storied restaurant family in Kyoto. He began cooking professionally at the age of 12 at his father’s renowned Michelin-starred restaurant Soujiki Nakahigashi. After high school, Atsushi moved to the United States to compete as a professional bass fisherman. But at age 23, he felt the pull of his roots and decided to return to cooking. He arrived in New York, where he helped launch the Michelin-starred Kajitsu, the only restaurant in the city that serves traditional Buddhist Shojin vegetarian cooking. Atsushi spent six years at Kajitsu, rising to the position of sous chef and general manager.

While at Kajitsu, Atsushi discovered the joy of explaining the meaning of Japanese cooking to customers seated at the dining counter. This experience inspired him to found NAKAHIGASHI, and OneRiceOneSoup INC. to disseminate Japanese culinary knowledge outside Japan. Atsushi now helps create Japanese restaurants and promote traditionally produced Japanese ingredients around the world as well as developing Japan’s local food cultures to spreading it to the world.

画像1.jpg

京都市出身。代々料亭を営んでいる家系に生まれる。

12歳の頃から、父である「草喰なかひがし」の主人・中東久雄のもとで料理を学び始める。

高校卒業後、バス・フィッシングのプロを目指すため、アメリカへ移住。

しかし23歳になる頃、料理人の家庭で育ったという自分自身のバックグラウンドを

意識し始め、料理の道への復帰を決意し、ニューヨークにある精進料理店『嘉日(Kajitsu)』に就職。その後、副料理長兼GMを務めながら、カウンター越しのお客様へ日本食の意味を説明する喜びと楽しさを見出し、日本で育まれる飲食文化の海外発信に専念するために

29歳の時、カリナリーディレクター(Culinary Director)として

One Rice One Soup Inc.(アメリカ法人)を設立。

その後、One Rice One Soup株式会社(日本法人)を設立。

現在はニューヨークと京都を拠点に国内外問わず、数多くの日本食や日本酒のポップアップイベントの企画・運営、飲食店のプロデュースやコンサルティング、食からの地域創生事業などを手がけており、2019年秋には自社運営の飲食店「そ/s/kawahigashi」を京都に開店予定。

【主なプロジェクト】

*「獺祭」とのコラボイベント(ニューヨーク)

*ポップアップレストラン「TaBeRu」を企画運営、ニューヨークタイムズ掲載(ニューヨーク)

*京都鰹節様と「Quick Pro Yasai Dashi No.11」を共同開発(日本・米

国)

*「朝食喜心kyoto」「朝食喜心kamakura」料理監修(京都・鎌倉)

*「Zatoichi Dinner」を企画運営、米国主要フードメディア数社に取材を受ける(ニューヨーク)

*キャデラックジャパン様の企画・「Cadillac-Crest」にて料理を担当(日本)

*「否否三杯」料理監修(東京)

*地方創生の取組みが様々な新聞やテレビに取り上げられる。(京都・兵庫・福井・長崎)

*ワルシャワやフランクフルトにて日本食を広めるイベントにゲストとして参加(ポーランド・ドイツ)

*外務省が運営するJapan Houseにてゲストスピーカーとしてワークショップを開催(ロサンゼルス)

THE RESTAURANT

Store Name  is a meaning of [the greatest] [in a pole] by a Kabuki term.

I offer "the really delicious food served in a pot" which was particular about ingredients and stock by the supervision of world-famous Atsushi Nakahigashi.
​I explore new sukiyaki of Kyoto in chickens of [yam hot pot] Kyoto with full of the nourishment using the King of the yam native to Japan

I eat it with the taste of ingredients with a mixed seasoning of the sugar nonuse [sukiyaki]

Up to Kyoto Akachi chicken and Kyoyasai, seasoning examined closely

[the finest pan] to make with the materials which a craftsman performed having a practised eye of in main

Please enjoy new Japanese food to be able to make only with us who made full use of the experience and skill in business for 100 years.

『上々吉』・・・

歌舞伎用語で【この上ない】【極上】の意。

中東篤志氏の監修による食材と出汁にこだわった

『美容・滋養強壮鍋』をご提供いたします。

特製の『鱧出汁』で炊いたお鍋に日本原産の山芋の王様をたっぷりと仕上げにかけることで具材と出汁が良く絡み合った極上の

【とろろ鍋】が完成します。

京都の鶏で京都の皆様が食べたことのないすき焼きをと、中東家に伝わる砂糖不使用の割り下で食材の旨味で食す

【すき焼き】を伝授いただきました。

 

吟味された京赤地鶏や京野菜、調味料に至るまで

職人が目利きした材料でつくる【極上鍋】をメインに

​中東篤志氏監修のもと、都食堂の創業100年の経験と技を駆使した私たちだけでしかつくれない新しい和食をお楽しみいただきます。